トップメッセージ

いま、地球全体が、飢餓や貧困、不平等における社会課題、気候変動や環境汚染を起因とした環境問題など、さまざまな課題に直面しています。これらの諸課題を解決し、次の世代が安定して平和で豊かにくらし続けられるように「持続可能な社会」を実現することが、世界の共通認識となっています。

私たちクミアイ化学グループでは、基本理念である『創造する科学を通じて「いのちと自然を守り育てる」』をメインテーマとして、グループの持つ経営資源を総動員し、飢餓や環境問題への対応として、「食料の確保」、「環境保全」に貢献できるよう、日々挑戦を続けています。

2021年にスタートした中期経営計画では、ESGを重視した企業活動を重要方針に掲げています。また、中期経営計画に先んじて、2020年にはステークホルダーをはじめとした社会的要請に応えるべく、「企業としての発展・成長」と「持続可能な社会」の実現を目的として、事業活動とSDGsをはじめとする社会課題との関係を明確にした12項目のマテリアリティ(重要課題)を特定しました。これらの重要課題への取組みを核として、サステナビリティ経営を実践いたします。

さらに、その取組みの実効性を確保するため、今般、新たに「サステナビリティ基本方針」を制定するとともに、「サステナビリティ推進委員会」を設置し、サステナビリティ活動の充実を図っております。

創立以来、クミアイ化学グループは研究開発型企業として成長を続けてまいりました。今後も、研究開発力に基づく革新的な製品やサービスの提供を通じて、さまざまな社会課題の解決や皆様のくらしの質の向上に貢献することで、企業価値と社会価値の向上を両立し、皆さまの期待に応えていけるよう、グループ一丸となって前進し続けてまいります。

2021年11月
クミアイ化学工業株式会社
代表取締役社長
高木誠