ブーンゼクテラ ブーンゼクテラ

Features

特長

新規の抵抗性誘導剤ブーン®
(一般名:ジクロベンチアゾクス)を配合

ブーン®はクミアイ化学工業株式会社が創製し、JA全農(全国農業協同組合連 合会)と共同で開発した新規殺菌剤です。ブーン®は植物の病害応答反応を増強して病気にかかりにくくする病害抵抗性誘導剤として作用し、いもち病に高い効果を示します。また、水稲へ高い安 全性を示します。

いもち病、初期害虫、ウンカ類、チョウ目害虫を総合的に防除

ブーン®に加えて抵抗性ウンカ類に卓効を示すピラキサルト®、初期害虫・チョウ目害虫に高い効果を示すリナキシピル®を配合し水稲の主要害虫を総合的に長期間防除します。

播種時~移植当日まで幅広い処理適期

水稲に対する安全性が高く、効果の持続性も長いため1製剤で播種時から移植当日まで、いつでも使用できます。

  • いもち病 いもち病

    いもち病

  • トビイロウンカ トビイロウンカ

    トビイロウンカ

  • ヒメトビウンカ ヒメトビウンカ

    ヒメトビウンカ

  • コブノメイガ コブノメイガ

    コブノメイガ

  • イネミズゾウムシ イネミズゾウムシ

    イネミズゾウムシ

  • ウンカについて詳しくはコチラ

適用病害虫と使用方法

※表は横にスクロールしてご覧頂けます

適用病害虫と使用方法

2021年11月24日現在
作物名適用病害虫使用量使用時期本剤の使用回数使用方法クロラントラニリプロールを含む農薬の総使用回数トリフルメゾピリムを含む農薬の総使用回数ジクロベンチアゾクスを含む農薬の総使用回数 
いもち病
ウンカ類
コブノメイガ
1kg/10a移植時1回側条施用1回1回1回 
稲(箱育苗)いもち病
ウンカ類
イネミズゾウムシ
イネドロオイムシ
コブノメイガ
ニカメイチュウ
フタオビコヤガ
ツマグロヨコバイ
イネツトムシ
高密度には種する場合は1kg/10a(育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当り50~100g)は種時(覆土前)~移植当日育苗箱の上から均一に散布する 
育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当り50g 
白葉枯病
穂枯れ(ごま葉枯病菌)
もみ枯細菌病
移植当日 
高密度には種する場合は1kg/10a(育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当り50~100g) 

ダウンロード

PDF版適用表
ダウンロード

トビイロウンカに
対する効果

  • 試験条件

    • 2020年クミアイ化学工業(株)
      生物科学研究所 社内試験
    • トビイロウンカ(2019年佐賀県採集個体群)

    • イネ(キヌヒカリ)
      :2020年1月31日移植

    • :2020年1月31日移植

    • ブーンゼクテラ箱粒剤:
      50g/箱相当量を移植当日に処理

    • 移植27日後から約7日おきに
      トビイロウンカ成虫(雌5頭、雄2頭/株)を グロースチャンバー内に放虫した

  • トビイロウンカに対する効果 トビイロウンカに対する効果
  • 移植27日後
    (放虫開始日)

    移植52日後

    移植80日後

    • ブーンゼクテラ処理区

    • 無処理区

    移植27日後(放虫開始日)

    • ブーンゼクテラ処理区 移植27日後(放虫開始日) ブーンゼクテラ処理区 移植27日後(放虫開始日)
    • 無処理区 移植27日後(放虫開始日) 無処理区 移植27日後(放虫開始日)

    移植52日後

    • ブーンゼクテラ処理区 移植52日後 ブーンゼクテラ処理区 移植52日後
    • 無処理区 移植52日後 無処理区 移植52日後

    移植80日後

    • ブーンゼクテラ処理区 移植80日後 ブーンゼクテラ処理区 移植80日後
    • 無処理区 移植80日後 無処理区 移植80日後

無処理区のイネが枯死するグロースチャンバー内の連続放虫条件下において、ブーンゼクテラ箱粒剤処理区ではトビイロウンカの増殖がほとんど認められなかった。

おすすめ商品