クミアイ化学工業株式会社

製品情報

【野菜・畑作・果樹殺虫剤】
クミアイ ノーモルト乳剤(テフルベンズロン乳剤)

登録番号 第17733号 [クミアイ化学工業㈱ 登録]
成分 テフルベンズロン 5.0%
性状 淡黄色澄明可乳化油状液体
毒性 普通物(毒劇物に該当しないものを指していう通称)
危険物 第2石油類
有効年限 5年(5L:3年)
包装 500ml×20本、5L×2缶

製品安全データシート(SDS)

製品安全データシート(SDS)閲覧の際のご注意
SDSに掲載している内容のうち、公益財団法人日本中毒情報センターへの一般市民向け受信相談のお問い合わせ方法が変更となりました。 詳しくは「一般市民向け受信相談の無料化について」をご参照ください。


特長

  • 幼虫の脱皮を阻害して、殺虫効果を発揮する脱皮阻害剤(IGR剤)です。
  • 産下卵に直接散布した場合や、散布後の茎葉に産卵された場合に殺卵作用を示します。
  • 耐雨性に優れ、長い残効性を示します。
  • 天敵やミツバチ、マルハナバチ等の授粉昆虫に対して影響が少ない薬剤です。

適用害虫と使用方法

2015年9月18日現在
作物名適用害虫名希釈倍数使用液量使用時期本剤の使用回数使用方法テフルベンズロンを含む農薬の総使用回数 
キャベツタマナギンウワバ
コナガ
ヨトウムシ
ハスモンヨトウ
アオムシ
2000倍100~300L/10a収穫7日前まで2回以内散布2回以内 
コナガ16倍1.6L/10a無人ヘリコプターによる散布 
だいこんコナガ
ヨトウムシ
アオムシ
2000倍100~300L/10a収穫21日前まで散布 
コナガ16倍1.6L/10a無人ヘリコプターによる散布 
8倍0.8L/10a 
はくさいタマナギンウワバ
コナガ
ヨトウムシ
アオムシ
2000倍100~300L/10a収穫7日前まで散布 
ブロッコリーコナガ 
茎ブロッコリーアオムシ収穫3日前まで 
たかな
チンゲンサイ
コナガ収穫14日前まで 
なばな収穫7日前まで1回1回 
とうがんコナジラミ類収穫3日前まで3回以内3回以内 
トマト
ミニトマト
なす
コナジラミ類
ハスモンヨトウ
収穫前日まで2回以内2回以内 
えだまめハスモンヨトウ収穫14日前まで 
さやえんどうシロイチモジヨトウ収穫前日まで 
アスパラガス
いちご
ハスモンヨトウ 
ごぼうゾウムシ類1000倍収穫7日前まで4回以内4回以内 
しょうがハスモンヨトウ2000倍2回以内2回以内 
ほうれんそうヨトウムシ 
ねぎシロイチモジヨトウ 
レタスハスモンヨトウ収穫3日前まで 
葉ごぼう収穫14日前まで 
非結球レタス収穫30日前まで 
なつみかんアゲハ類200~700L/10a収穫21日前まで3回以内3回以内 
ミカンハモグリガ1000~2000倍 
みかんアゲハ類2000倍 
ミカンハモグリガ1000~2000倍 
なしナシチビガ
ナシホソガ
2000倍収穫前日まで2回以内2回以内 
シンクイムシ類1000~2000倍 
りんごヨモギエダシャク2000~4000倍 
ギンモンハモグリガ4000倍 
キンモンホソガ2000~6000倍 
シンクイムシ類
ヒメシロモンドクガ
2000倍 
ももモモハモグリガ
シンクイムシ類
1000~2000倍 
ネクタリン2000倍 
かきイラガ類収穫30日前まで3回以内3回以内 
カキノヘタムシガ1000~2000倍 
花き類・観葉植物ヨトウムシ類2000倍100~300L/10a発生初期2回以内2回以内 
けいとうシロオビノメイガ 
ストックコナガ
アオムシ
 
はぼたんコナガ 
りんどうリンドウホソハマキ1000倍 
からまつ
こなら
マイマイガ20000~30000倍200~700L/10a- 
さくら
プラタナス
アメリカシロヒトリ 
ポインセチアコナジラミ類2000倍100~300L/10a発生初期 
だいずハスモンヨトウ収穫14日前まで 
8~16倍0.8L/10a無人ヘリコプターによる散布 
かんしょナカジロシタバ
ハイイロサビヒョウタンゾウムシ
1000倍100~300L/10a収穫7日前まで散布 
ハスモンヨトウ1000~2000倍 
ヨモギエダシャク
チャノホソガ
2000~4000倍200~400L/10a摘採7日前まで1回1回 
てんさいヨトウムシ1000~2000倍100~300L/10a収穫14日前まで2回以内2回以内 

ダウンロード

PDF版適用表
ダウンロード

使用上のポイント

  • 幼虫の脱皮を阻害してやがて死亡させる薬剤なので、若齢幼虫期になるべく早く散布してください。
  • 植物体上での浸透移行性がないため、葉裏にもよくかかるように散布してください。
  • ねぎのシロイチモジヨトウ防除に使用する場合は、食入前の若齢幼虫期に散布してください。
  • ごぼうのゾウムシ類の防除に使用する場合は、成虫発生期に散布してください。
  • 適用作物群に属する作物又はその新品種にはじめて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用してください。なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることをお勧めします。
  • 散布量は対象作物の生育段階、栽培形態及び散布方法に合せ調節してください。
  • 本剤を無人ヘリコプターで散布する場合は、次の事項に注意してください。
    • 散布機種の散布基準に従って実施してください。
    • 散布機種に適合した散布装置を使用してください。
    • 散布薬液の飛散によって他の動植物あるいは自動車やカラートタンの塗装等への影響を与えないよう散布地域の選定に注意し、散布区域内の諸物件に十分留意してください。
  • 本剤は自動車などの塗装面に散布液がかかると変色する恐れがあるので、散布液がかからないよう注意してください。
  • 本剤使用に当っては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないよう注意し、特に初めて使用する場合は、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることをお勧めします。
  • 使用量に合わせ薬液を調整し、使い切ってください。

注意事項

  • 使用量に合わせ薬液を調製し、使いきってください。
  • 幼虫の脱皮を阻害して、やがて死亡させる性質を持つ薬剤ですので、幼虫期にはなるべく早く散布してください。
  • 植物体での浸透移行性がないため、葉裏にもよくかかるように散布してください。
  • ねぎのシロイチモジヨトウの防除に使用する場合は、食入前の若令幼虫期に散布してください。
  • ごぼうのゾウムシ類の防除に使用する場合は、成虫発生期に散布してください。
  • 蚕に対して長期間毒性があるので、薬剤が飛散により桑の茎葉を汚染することのないように桑園のある地帯では使用しないでください。なお無人ヘリコプターによる散布の実施にあたっては事前に蚕業関係者との安全対策について十分協議してください。
  • 散布量は対象作物の生育段階、栽培形態および散布方法に合わせ調節してください。
  • 無人ヘリコプターで散布する際の注意事項
    • 散布機種の散布基準に従って実施してください。
    • 散布機種に適合した散布装置を使用してください。
    • 散布薬液の飛散によって他の動植物あるいは自動車やカラートタンの塗装等へ影響を与えないよう散布地域の選定に注意し、散布区域内の諸物件に十分留意してください。
  • 自動車などの塗装面に散布液がかかると変色するおそれがあるので、散布液がかからないよう注意してください。
  • 使用に当っては、使用量、使用時期、使用方法などを誤らないように注意し、特に初めて使用する場合には、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることをお勧めします。
  • 適用作物群に属する作物またはその新品種に初めて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用してください。なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることをお勧めします。

安全使用上の注意

  • 眼に対して刺激性があるので、眼に入らないように注意してください。眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当てを受けてください。使用後は洗眼してください。
  • 皮膚に対して刺激性があるので、皮膚に付着しないよう注意してください。付着した場合は直ちに石けんでよく洗い落としてください。
  • 街路、公園などで使用する場合は、散布中および散布後(少なくとも散布当日)に小児や散布に関係のない者が散布区域に立ち入らないよう縄囲いや立て札を立てるなど配慮し、人畜などに被害を及ぼさないよう注意を払ってください。
  • 魚毒性等
    • 水産動植物(甲殻類)に影響を及ぼすおそれがあるので、河川、養殖池などに飛散、流入しないよう注意して使用してください。
    • 無人ヘリコプターによる散布で使用する場合は、飛散しないよう特に注意してください。
    • 使用残りの薬液が生じないように調製をおこない、使いきってください。
    • 散布器具および容器の洗浄水は、河川などに流さないでください。また、空容器、空袋などは水産動植物に影響を与えないよう適切に処理してください。
  • 保管…密栓し、火気や直射日光をさけ、食品と区別して、冷涼な場所に保管してください。


このウインドウを閉じる

▲このページのトップへ戻る

Copyright(C) KUMIAI CHEMICAL INDUSTRY CO., LTD. All Rights Reserved.