クミアイ化学工業株式会社

製品情報

【園芸殺菌剤】
クミアイ ラビライト水和剤(チオファネートメチル・マンネブ水和剤)

登録番号 第11996号 [クミアイ化学工業㈱ 登録]
成分 チオファネートメチル 20.0% マンネブ 50.0%
性状 淡黄色水和性粉末 45µm以下
毒性 普通物(毒劇物に該当しないものを指していう通称)
有効年限 4年
包装 500g×20袋

製品安全データシート(SDS)

製品安全データシート(SDS)閲覧の際のご注意
SDSに掲載している内容のうち、公益財団法人日本中毒情報センターへの一般市民向け受信相談のお問い合わせ方法が変更となりました。 詳しくは「一般市民向け受信相談の無料化について」をご参照ください。


特長

みかんの黒点病、そうか病をはじめ灰色かび病、そばかす病、黄斑病などの防除に有効で、みかんの総合防除剤として最適です。


適用病害と使用方法

2017年1月25日現在
作物名適用病害名希釈倍数使用液量使用時期本剤の使用回数使用方法チオファネートメチルを含む農薬の総使用回数マンネブを含む農薬の総使用回数 
みかん黄斑病
そばかす病
500倍200~700L/10a収穫60日前まで2回以内散布8回以内(但し、塗布は3回以内、散布、空中散布及び無人ヘリ散布は合計5回以内)2回以内 
黒点病
小黒点病
そうか病
灰色かび病
ミカンサビダニ
500~800倍 
なし黒星病
黒斑病
収穫45日前まで3回以内11回以内(但し、塗布は3回以内、休眠期の散布は1回以内、灌注は1回以内、生育期の散布は6回以内)3回以内 
輪紋病500倍 
りんごうどんこ病
褐斑病
黒星病
黒点病
すす点病
すす斑病
炭疽病
斑点落葉病
腐らん病
輪紋病
500~600倍収穫60日前まで2回以内10回以内(但し、塗布は3回以内、灌注は1回以内、散布は6回以内)2回以内 
ぶどう晩腐病800~1000倍落弁期まで(但し、収穫75日前まで)1回5回以内(但し、塗布は3回以内、休眠期の散布は1回以内、生育期の散布は1回以内) 
かきうどんこ病
炭疽病
落葉病
500~800倍収穫45日前まで2回以内10回以内(但し、塗布は3回以内、休眠期の散布は1回以内、生育期の散布は6回以内) 
チューリップ褐色斑点病
灰色かび病
100~300L/10a-5回以内5回以内8回以内 
ばらうどんこ病
黒星病
 
ばれいしょ疫病400~600倍収穫14日前まで4回以内5回以内(但し、種いもへの処理は1回以内)7回以内 
やまのいも炭疽病
葉渋病
400倍5回以内4回以内 

ダウンロード

PDF版適用表
ダウンロード

注意事項

  • 使用量に合わせ薬液を調製し、使いきってください。
  • アルカリ性薬剤および銅剤との混用はさけてください。また銅を含む薬剤との連用は薬害を生じるおそれがあるのでさけてください。これらの薬剤との散布間隔は7日以上あけてください。
  • ばらに使用する場合、葉に汚れを生じるおそれがあるので特に施設内での使用の場合は留意してください。
  • りんごの黒星病に使用する場合、チオファネートメチル剤耐性菌の分布する地帯では効果が劣る場合があるので、その地帯での使用はさけてください。
  • りんごに使用する場合、葉面散布肥料との混用は薬害を生じるおそれがあるのでさけてください。
  • なしに使用する場合は、若葉には薬害を生じるおそれがあるので、葉が十分展開したのち(6月以降)に使用してください。
  • 蚕に対して影響があるので、周辺の桑葉にはかからないようにしてください。
  • 使用にあたっては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合は、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることをお勧めします。

安全使用上の注意

  • 眼に対して刺激性があるので眼に入らないよう注意してください。眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けてください。
  • 皮ふに対して弱い刺激性があるので皮ふに付着しないよう注意してください。付着した場合には直ちに石けんでよく洗い落としてください。
  • 散布の際は農薬用マスク、手袋、長ズボン・長袖の作業衣などを着用してください。作業後は直ちに手足、顔などを石けんでよく洗い、洗眼・うがいをするとともに衣服を交換してください。
  • 作業時に着用していた衣服などは他のものとは分けて洗濯してください。
  • かぶれやすい体質の人は取扱いに十分注意すること。
  • 魚毒性等
    • 水産動植物(藻類)に影響を及ぼすので、河川、養殖池などに飛散、流入しないよう注意して使用してください。
    • 使用残りの薬液が生じないように調製をおこない使いきってください。
    • 散布器具および容器の洗浄水は河川などに流さないでください。
    • 空容器、空袋などは水産動植物に影響を与えないよう適切に処理してください。
  • 保管…密封し、直射日光をさけ、食品と区別して、冷涼・乾燥した場所に保管してください(高温下あるいは吸湿の場合は分解して効果が低下します)。


このウインドウを閉じる

▲このページのトップへ戻る

Copyright(C) KUMIAI CHEMICAL INDUSTRY CO., LTD. All Rights Reserved.