クミアイ化学工業株式会社

製品情報

【畑作除草剤】
ゴーゴーサン乳剤(ペンディメタリン乳剤)

登録番号第22176号 [BASFジャパン㈱ 登録]
成分ペンディメタリン 30.0%
性状暗褐色澄明可乳化油状液体
毒性普通物(毒劇物に該当しないものを指していう通称)
危険物第2石油類
販売地域北海道限定
有効年限5年(5L缶:3年)
包装500ml×20本、2L×10本、5L×4缶

製品安全データシート(SDS)

製品安全データシート(SDS)閲覧の際のご注意
SDSに掲載している内容のうち、財団法人日本中毒情報センターへの一般市民向け受信相談のお問い合わせ方法が変更となりました。 詳しくは「一般市民向け受信相談の無料化について」をご参照ください。


特長

ジニトロアニリン系(非ホルモン型)の吸収移行性の除草剤で、雑草発生前の土壌処理により、一年生イネ科雑草及び広葉雑草を同時に防除し、安定した効果を示します。


殺草スペクトラム

※キク科(ノボロギクなど)、ツユクサには効果が劣る。
◎:極大 ○:大 △:中 ×:小

効果の持続期間が長い
土壌表層1~2cmの幅に安定した処理層を形成し(土壌中の移行は非常に小さい)処理後45~60日の長期にわたり抑草します。
作物に安全
雑草の根および幼芽部の生長点に作用して細胞分裂を阻害(殺草作用)します。また、土壌中での移動性は小さく土壌表層に安定した処理層を形成するため、直播栽培の作物や移植作物に安全に使用できます。
土壌混和は不要
土壌表面処理で安定した効果を示すので、土壌混和をする必要がありません。

適用雑草と使用方法

平成27年10月28日現在
作物名適用雑草名使用時期適用土壌薬量希釈水量本剤の使用回数使用方法適用地帯ペンディメタリンを含む農薬の総使用回数
はくさい一年生雑草定植前(雑草発生前)壌土~埴土200~300ml/10a70~150L/10a1回全面土壌散布全域1回
キャベツ
レタス
非結球レタス
全土壌200~400ml/10a
にんじんは種後出芽前(雑草発生前)
うど定植後萌芽前(根株養成圃)(雑草発生前)400ml/10a2回以内(畦間処理は1回以内)
生育期(根株養成圃)(雑草発生前)但し収穫60日前まで100L/10a畦間土壌散布
たまねぎ(直播栽培)は種後~本葉2葉期(雑草発生前)200~400ml/10a70~100L/10a全面土壌散布北海道1回
たまねぎ(移植栽培)定植前(雑草発生前)300~500ml/10a70~150L/10a全域
定植後(雑草発生前)但し収穫30日前まで
葉たまねぎ定植前(雑草発生前)
ねぎ定植後(雑草発生前)但し定植10日後まで200~300ml/10a70~100L/10a
にら100L/10a
収穫30日前まで(雑草発生前)畦間土壌散布
かんしょ挿苗10日後まで(雑草発生前)200~400ml/10a
さといも植付後萌芽前(雑草発生前)70~100L/10a全面土壌散布
ばれいしょ200~300ml/10a
やまのいも200~400ml/10a100L/10a
にんにく植付前(マルチ前)300~500ml/10a70~150L/10a
植付後(雑草発生前)但し収穫60日前まで壌土~埴土70~100L/10a
葉にんにく(マルチ栽培)植付前(マルチ前)全土壌400~500ml/10a70~150L/10a
葉にんにく(マルチ栽培を除く)植付前
植付後(雑草発生前)但し収穫60日前まで300~400ml/10a100L/10a
こんにゃく植付後又は培土後(雑草発生前)但し植付30日後まで200~300ml/10a70~100L/10a北海道、九州を除く全域
らっかせいは種後出芽前(雑草発生前)70~150L/10a関東以西
とうもろこし
飼料用とうもろこし
200~400ml/10a全域
陸稲北海道を除く全域
麦類(小麦を除く)砂壌土~埴土300~500ml/10a全域
小麦は種後(雑草発生前)~小麦2葉期(イネ科雑草1葉期まで)70~100L/10a雑草茎葉散布又は全面土壌散布
食用ぎく定植前(雑草発生前)全土壌200~400ml/10a70~150L/10a全面土壌散布
ソルガムソルガム3葉期(雑草発生前~発生始期)砂壌土~埴土300ml/10a70~100L/10a雑草茎葉散布又は全面土壌散布
は種後出芽前(雑草発生前)300~400ml/10a70~150L/10a全面土壌散布
カリフラワー定植前(雑草発生前)全土壌200~400ml/10a
アスパラガス萌芽前(雑草発生前)
みしまさいこは種後出芽前(雑草発生前)300ml/10a
きく定植前(雑草発生前)200~400ml/10a
らっきょう植付後萌芽前(雑草発生前)300~500ml/10a
とりかぶと(薬用)生育期(雑草発生前)但し収穫90日前まで100L/10a
りんどう萌芽前(雑草発生前)200~400ml/10a70~150L/10a
チューリップ植付後萌芽前(雑草発生前)300~500ml/10a
春期発芽前又は夏切後(雑草発生前)300~400ml/10a100~200L/10a2回以内2回以内
おけら収穫60日前まで(雑草発生前)200~300ml/10a70~150L/10a3回以内(1年間に1回以内)3回以内(1年間に1回以内)
すぎ(床替床)
ひのき(床替床)
床替後(雑草発生前)400~500ml/10a100~200L/10a1回1回
せんきゅう萌芽後(雑草発生前)但し収穫120日前まで300ml/10a100L/10a
とうき定植後(雑草発生前)但し、収穫120日前まで
ぼうふうは種後出芽前(雑草発生前)70~150L/10a
いんちんこう定植後(雑草発生前)但し、収穫120日前まで100L/10a
びゃくしは種後出芽前(雑草発生前)70~150L/10a

ダウンロード

PDF版適用表
ダウンロード

使用上のポイント

散布時期
雑草発生前の土壌処理が最も効果的なので散布時期を早目にしてください。
散布液量
散布時に土壌が乾燥している場合は防除効果が劣る場合があるので、希釈水量を多めにするか又は散水後に散布してください。
砕土・整地
除草効果を十分発揮させるため、砕土・整地はできるだけていねいに行い、覆土を十分に行ってください。
過湿条件での使用はさけてください
降雨直後や激しい降雨が予想される時には使用をさけてください。また、水田裏作の排水不良の畑での使用はさけてください。

【各種作物への上手な使い方】

たまねぎ、ねぎ
定植後、雑草発生前に処理してください。苗床では使用をさけてください。
はくさい、キャベツ、レタス
キャベツ、レタスには定植前の使用を守ってください。処理層に根が触れないように移植してください。なお、レタスの場合は5葉以上の苗に使用してください。トンネル、マルチ栽培にも使用できます。苗床や直播栽培では薬害のおそれがあるので使用はさけてください。
陸稲、麦類、とうもろこし、らっかせい、にんじん
土壌を細かく砕き、ていねいに整地することにより高い防除効果をあげることができます。また、は種後は薬害を防ぐために十分に覆土し、種子が露出しないように注意してください。なお、らっかせい、にんじんではトンネル、マルチ栽培にも使用できます。水田裏作の麦に使用する場合、排水不良の畑では使用をさけてください。
ばれいしょ、こんにゃく、さといも
植付後から萌芽前の間の雑草発生前に散布してください。処理後は中耕、または培土を行うと効果が急減するため注意してください。こんにゃくの場合は培土後にも使用できます。
桑園
春または夏の雑草発生前に使用してください。使用前すでに雑草の発生が認められる場合、中耕により除草を行った後に処理するか、または他の茎葉処理剤との混用で処理してください。

注意事項

  • 使用量に合わせ薬液を調製し、使い切ってください。
  • 雑草の発生前~発芽時に有効ですが、雑草の生育が進むと急激に効果が低下するので、使用時期を失しないように散布してください。
  • イネ科および広葉の一年生雑草に効果がありますが、キク科雑草とツユクサには効果が劣るので、これらの雑草の優占圃場では使用しないでください。
  • 土壌が極端に乾燥している場合は効果が劣るので、希釈水量を多めにするかまたは降雨後に散布してください。
  • 砕土、整地はていねいにおこない、種子が露出しないように覆土はできるだけていねいにおこなってください。
  • 激しい降雨が予想される時には使用をさけてください。
  • 散布にあたっては、他作物に飛散しないよう十分注意して使用してください。
  • 水田裏作の麦に使用する場合、排水不良の畑では使用をさけてください。
  • ソルガムに使用する場合、覆土深は3cm以上にしてください。また散播では使用しないでください。
  • 桑にはかからないように注意してください。
  • キャベツ、はくさい及びレタスのセル成型苗には薬害が発生するおそれがあるので、使用をさけてください。
  • マルチ栽培のとうもろこしに薬害を生じるおそれがあるので使用しないでください。
  • うど及びにらで畦間土壌散布をおこなう場合、飛散防止カバーを使用して作物にかからないように散布してください。
  • かんしょで畦間土壌散布をおこなう場合、薬液が作物に飛散すると葉の奇形症状の薬害を生じるおそれがあるので、作物に飛散しないように注意してください。
  • 自動車や壁などの塗装面に散布液がかかると変色するおそれがあるので、散布液がかからないように注意してください。
  • 衣服(白衣)などに散布液がかかると変色するおそれがあるので、散布液がかからないよう注意してください。
  • 使用にあたっては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合には病害虫防除所等関係機関の指導を受けることをお勧めします。
  • 適用作物群に属する作物またはその新品種にはじめて使用する場合には、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用してください。なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることをお勧めします。

安全使用上の注意

  • 誤飲などのないよう注意してください。誤って飲み込んだ場合には吐かせないで、直ちに医師の手当てを受けさせてください。
  • 眼に対して刺激性があるので眼に入らないよう注意してください。眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当てを受けてください。
  • 皮ふに対して刺激性があるので、皮ふに付着しないように注意してください。付着した場合には直ちに石けんでよく洗い落としてください。
  • 散布液調製時および散布の際は農業用マスク、不浸透性手袋、ゴム長靴、長ズボン・長袖の作業衣などを着用してください。作業後は直ちに手足、顔などを石けんでよく洗い、洗顔・うがいをするとともに衣服を交換してください。
  • 作業時に着用していた衣服等は他のものとは分けて洗濯してください。
  • かぶれやすい体質の人は取扱いに十分注意してください。
  • 魚毒性等…使用残りの薬液が生じないように調製を行い、使い切ってください。散布器具および容器の洗浄水は、河川等に流さないでください。また、空容器等は水産動植物に影響を与えないように適切に処理してください。
  • 保管…密栓し、火気や直射日光をさけ、食品と区別して、冷涼な場所に保管してください。

このウインドウを閉じる

▲このページのトップへ戻る

Copyright(C) KUMIAI CHEMICAL INDUSTRY CO., LTD. All Rights Reserved.