クミアイ化学工業株式会社

製品情報

【園芸殺虫剤】
ベネビアOD(シアントラニリプロール水和剤)

登録番号 第23553号 [エフエムシー・ケミカルズ株式会社 登録]
成分 シアントラニリプロール 10.3%
性状 類白色水和性粘稠懸濁液体
毒性 普通物(毒劇物に該当しないものを指していう通称)
有効年限 3年
包装 (250ml×20本)×2箱、500ml×20本

製品安全データシート(SDS)

製品安全データシート(SDS)閲覧の際のご注意
SDSに掲載している内容のうち、公益財団法人日本中毒情報センターへの一般市民向け受信相談のお問い合わせ方法が変更となりました。 詳しくは「一般市民向け受信相談の無料化について」をご参照ください。


特長

  • チョウ目害虫およびコナジラミ、アブラムシ、ネギアザミウマ、ナモグリバエ等の広範囲な害虫に卓効を示します。
  • 主に害虫の摂食により薬剤が取り込まれ、速やかに摂食活動を停止させます。
  • チョウ目害虫の令期が進んだ幼虫に高い効果を示します。
  • 葉面浸透性と局所的な移行性を持つので害虫の食害部まで到達し、より効果的な防除ができます。

適用害虫と使用方法

2018年9月26日現在
作物名適用害虫名希釈倍数使用液量使用時期本剤の使用回数使用方法シアントラニリプロールを含む農薬の総使用回数 
キャベツアブラムシ類
アザミウマ類
2000倍100~300L/10a収穫前日まで3回以内散布4回以内(但し、定植時までの処理は1回以内、定植後の散布は3回以内) 
ウワバ類
コナガ
ハイマダラノメイガ
オオタバコガ
ヨトウムシ
ハスモンヨトウ
アオムシ
2000~4000倍 
だいこんアブラムシ類
キスジノミハムシ
ハモグリバエ類
2000倍4回以内(但し、は種時の土壌混和は1回以内、散布は3回以内) 
コナガ
カブラハバチ
ハイマダラノメイガ
アオムシ
2000~4000倍 
ヨトウムシ4000倍 
はくさいアブラムシ類2000倍4回以内(但し、定植時までの処理は1回以内、定植後の散布は3回以内) 
コナガ
ハイマダラノメイガ
ヨトウムシ
ハスモンヨトウ
アオムシ
2000~4000倍 
ブロッコリーアブラムシ類
アザミウマ類
2000倍 
コナガ
ハスモンヨトウ
アオムシ
2000~4000倍 
かぼちゃハモグリバエ類2000倍3回以内 
ハスモンヨトウ4000倍 
きゅうりアブラムシ類
コナジラミ類
アザミウマ類
ハモグリバエ類
ウリノメイガ
2000倍4回以内(但し、定植時までの処理は1回以内、定植後の散布は3回以内) 
トマトアブラムシ類
コナジラミ類
ハモグリバエ類
 
オオタバコガ2000~4000倍 
ミニトマトアブラムシ類
コナジラミ類
ハモグリバエ類
2000倍 
オオタバコガ2000~4000倍 
ピーマンアブラムシ類
コナジラミ類
アザミウマ類
2000倍 
オオタバコガ2000~4000倍 
えだまめアブラムシ類2000倍3回以内 
マメシンクイガ
ハスモンヨトウ
2000~4000倍 
いちごアブラムシ類
コナジラミ類
アザミウマ類
2000倍4回以内(但し、灌注は1回以内、散布は3回以内) 
ハスモンヨトウ2000~4000倍 
たまねぎアザミウマ類
ハモグリバエ類
ハスモンヨトウ
2000倍収穫14日前まで3回以内 
ねぎアザミウマ類
ハモグリバエ類
シロイチモジヨトウ
収穫前日まで4回以内(但し、定植時までの処理は1回以内、定植後の処理は3回以内) 
レタスアブラムシ類
ハモグリバエ類
4回以内(但し、定植時までの処理は1回以内、定植後の散布は3回以内) 
オオタバコガ
ヨトウムシ
ハスモンヨトウ
2000~4000倍 
だいずアブラムシ類2000倍収穫7日前まで3回以内 
マメシンクイガ
ハスモンヨトウ
2000~4000倍 
かんしょナカジロシタバ
アリモドキゾウムシ
ハスモンヨトウ
4000倍 
ばれいしょアブラムシ類2000倍 
ハスモンヨトウ4000倍 
やまのいもアブラムシ類
ナガイモコガ
ハスモンヨトウ
 
たばこヨトウムシ100~180L/10a収穫10日前まで2回以内2回以内 

ダウンロード

PDF版適用表
ダウンロード

作用機作

シアントラニリプロールは、筋小胞体にあるリアノジン受容体(RyR)に結合して筋小胞体内のカルシウムイオンを細胞内に放出させます。その結果、昆虫は筋収縮を起こし速やかに活動を停止し、死亡します。


注意事項

  • 使用前によく振ってから使用してください。
  • 使用量に合わせ薬液を調製し、使いきってください。
  • 散布液調製後はできるだけ速やかに散布してください。
  • アルカリ性の農薬や肥料との混用はさけてください。
  • やむを得ず、他の薬剤と混用する場合には、事前に薬害の有無を十分確認してから使用してください。特に、銅剤との混用は薬害を生じるおそれがあるので、混用はしないでください。
  • きゅうりに使用する場合、TPNを含む農薬との混用は薬害を生じるおそれがあるので、混用はしないでください。
  • トマト及びミニトマトに使用する場合、薬害を生じるおそれがあるので、以下のことに注意してください。
    • アゾキシストロビンを含む農薬との混用はしないでください。
    • アゾキシストロビンを含む農薬を散布した場合には、散布後2週間以上間隔をあけて使用してください。
  • はくさいに使用する場合、展着剤を加用すると薬害を生じる場合があるので、加用に当っては事前にその適否を確認してください。
  • 使用液量は、対象作物の生育段階、栽培形態及び使用方法に合わせて調節してください。
  • 過度の連用をさけ、可能な限り作用性の異なる薬剤やその他の防除手段を組み合わせて使用してください。
  • 蚕に対して影響があるので、周辺の桑葉にはかからないようにしてください。
  • ミツバチに対して影響を与えるおそれがあるので、散布の際はミツバチ及び巣箱にかからないようにしてください。また、散布直後から1日後まではミツバチを散布区域外に移動させるか、巣門を閉じてください。
  • つまみ菜・間引き菜には使用しないでください。
  • 空容器は圃場などに放置せず、3回以上水洗し、環境に影響のないよう適切に処理してください。洗浄水はタンクに入れてください。
  • 使用に当たっては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、とくに初めて使用する場合は、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることをお勧めします。

安全使用上の注意

  • 誤飲などのないよう注意してください。
  • 眼に対して刺激性があるので眼に入らないよう注意してください。眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けてください。
  • 皮膚に対して弱い刺激性があるので皮膚に付着しないよう注意してください。付着した場合には直ちに石けんでよく洗い落としてください。
  • 散布の際は農薬用マスク、手袋、長ズボン・長袖の作業衣などを着用してください。作業後は直ちに手足、顔などを石けんでよく洗い、洗眼・うがいをするとともに衣服を交換してください。
  • 作業時に着用していた衣服等は他のものとは分けて洗濯してください。
  • かぶれやすい体質の人は取扱いに十分注意してください。
  • 魚毒性等…使用残りの薬液が生じないように調製を行い、使いきってください。散布器具及び容器の洗浄水は、河川等に流さないでください。また、空容器等は水産動植物に影響を与えないよう適切に処理してください。
  • 保管…密栓し、直射日光をさけ、冷涼な場所に保管してください。

ダウンロード

その他

2018-230登録速報(181031)
ダウンロード
2018-212登録速報(180926)
ダウンロード

このウインドウを閉じる

▲このページのトップへ戻る

Copyright(C) KUMIAI CHEMICAL INDUSTRY CO., LTD. All Rights Reserved.