クミアイ化学工業株式会社

製品情報

【植物成長調整剤】
ビーエー液剤(ベンジルアミノプリン液剤)

登録番号 第14391号 [クミアイ化学工業㈱ 登録]
成分 ベンジルアミノプリン 3.0%
性状 淡黄色澄明水溶性液体
毒性 普通物(毒劇物に該当しないものを指していう通称)
危険物 第3石油類
有効年限 5年
包装 (10ml×10本)×10、(100ml×10本)×4、500ml×20本

製品安全データシート(SDS)

製品安全データシート(SDS)閲覧の際のご注意
SDSに掲載している内容のうち、公益財団法人日本中毒情報センターへの一般市民向け受信相談のお問い合わせ方法が変更となりました。 詳しくは「一般市民向け受信相談の無料化について」をご参照ください。


特長

植物ホルモンの一種であるサイトカイニンと類似の作用を示すベンジルアミノプリンを主成分とする植物成長調整剤です。

温州みかん
新梢発生促進、着花促進(ハウス栽培)に効果があります。
ぶどう
花振いの防止、無種子化処理の第1回ジベレリン処理時期の早期への拡大が可能になります。
りんご
側芽の生長を促進する効果があり、苗木や高接で側枝の形成を促進し、早期結実が可能となります。
アスパラガス
萌芽促進効果があり、夏秋どりに効果的です。

適用作物と使用方法

2017年8月30日現在
作物名適用場所使用目的希釈倍数使用液量使用時期本剤の使用回数使用方法ベンジルアミノプリンを含む農薬の総使用回数 
アスパラガス-萌芽促進300~600倍100~300L/10a夏秋どり、慣行最終収穫予定日の10~30日前(但し、収穫前日まで)1回茎葉散布1回 
温州みかん早期加温ハウス栽培園着花促進100~400倍200~700L/10a加温直後散布2回以内(但し、萌芽直前~萌芽期(加温ハウス栽培園では収穫後)は1回以内、早期加温ハウス栽培園での加温直後は1回以内) 
露地栽培、加温ハウス栽培園新梢発生促進100~200倍萌芽直前~萌芽期(加温ハウス栽培園では収穫後)緑枝部へ散布 
りんご-高接1年枝側芽発生促進50~100倍伸長旺盛期(6月上旬以降)立木全面散布1回 
りんご(苗木)側芽発生促進5~10ml/苗木新梢伸長時10回以内新たに伸長した新梢部に散布10回以内(但し、立木全面散布は1回以内) 
100~400L/10a1回立木全面散布 
おうとう(苗木)副梢発生促進25~50倍200~800ml/苗木新梢伸長時(主幹延長枝の30~80cm伸長期)1回 
ぶどう(デラウェア)ハウス栽培の花振い発生園花ぶるい防止300倍-満開予定日14~17日前ジベレリン処理の第1回処理液に添加して蕾(果房)を浸漬処理する 
露地栽培園無種子化処理の第1回ジベレリン処理時期の早期への拡大 
ぶどう(マスカット・ベリーA、旅路(紅塩谷)、バッファロー(アーリースチューベン))ハウス等施設栽培の花振い発生園花ぶるい防止満開予定日11~14日前 
露地栽培の花振い発生園 
カーネーション-側芽発生促進6ml/株側芽発生前2回以内茎葉散布2回以内 
きく親株栽培における側枝への腋芽の着生促進2000~4000倍100~300L/10a摘心時6回以内6回以内 

ダウンロード

PDF版適用表
ダウンロード

注意事項

  • 調製した薬液は放置すると効果が低下するため、調製当日に使いきってください。また調製液は日陰に置いてください。
  • 他の農薬との混用はさけてください(ジベレリンに添加、ぶどうに使用する場合を除く)。
  • 蚕に対して影響があるので、周辺の桑葉にはかからないようにしてください。
  • ぶどうに使用する場合の注意事項
    • 花振い防止に使用する場合は、常に花振いが発生する園のみに使用してください。なお、ハウス初年度の木には使用しないでください。
    • 無種子化処理の第1回ジベレリン処理液に混用して処理時期を拡大する場合、ジベレリン単用での処理適期より3~4日早く処理することができます。
    • 所定の処理時期から遅れて処理すると着粒過多、果粉の付着果房の着色が悪くなるおそれがあるので必ず適期に所定濃度で処理してください。また、処理適期がすぎたものには、使用しないでください。
    • ジベレリン処理液に添加した際、よく攪拌して使用してください。
    • 上記注意のほか、使用にあたってはジベレリンの使用上の注意を厳守して使用してください。
  • りんごに使用する場合の注意事項
    • 新梢が十分濡れる様に散布してください。
    • 摘芯をおこなうとより効果的です。
    • 作用が出にくい品種、つがる、王林などでは、所定濃度の高濃度で使用してください。
    • 新たに伸長した新梢部に散布して側芽発生促進をおこなう場合、品種、使用地域によって使用回数、効果、薬害が異なることがあるので、地域指導機関の指導を必ず受けてください。
    • 苗木に使用する場合は、食用には供さないでください。
  • みかんに使用する場合の注意事項
    • 樹勢の弱い樹では散布により、効果が現れてもその後、新梢、花、幼果が脱落することがあるので、使用しないでください。
    • ボルドー液、塩基性塩化銅などの無機銅剤との近接散布は効果を低下させるおそれがあるのでさけてください。
    • 加温ハウス栽培園で新梢発生促進に使用する場合、散布から加温までの期間が短いと、結果母枝の充実までに至らず、着花が減少することがあるので、収穫・剪定後できるだけ早い時期に使用してください。
  • アスパラガスに使用する場合の注意事項
    • 若茎にかかると奇形を生じることがあるので茎葉下部への散布は控えてください。
  • きくに使用する場合の注意事項
    • 無側枝性が強く発現する品種及び高温期の栽培では効果が劣る場合があります。
  • おうとう(苗木)に使用する場合の注意事項
    • 未結果樹で使用してください。
    • 葉に褐斑を生じる場合がありますが、その後の生育には影響ありません。
    • 食用には供さないでください。
  • カーネーションに使用する場合の注意事項
    • 側芽の発生を促す節位を中心に散布してください。
    • 同一節位への本剤の連続散布は、側枝発生過多、黄変、草丈抑制等の薬害を生じる場合があるのでさけてください。
    • 高温時に散布すると、葉に黄変、褐変等の薬害を生じる場合があるので、注意してください。
    • 品種、栽培条件によって、薬害を生じる場合があるので、予め安全を確認の上使用してください。
  • 使用にあたっては、使用量、使用時期、使用方法などを誤らないように注意し、特に初めて使用する場合には病害虫防除所等関係機関の指導を受けることをお勧めします。

安全使用上の注意

  • 眼に対して刺激性があるので眼に入らないように注意してください。眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当てを受けてください。
  • 散布の際は農薬用マスク、不浸透性手袋、長ズボン・長袖の作業衣などを着用してください。作業後はうがいをするとともに洗眼してください。
  • 保管…密栓し、火気や直射日光をさけ、食品と区別して、冷涼な場所に保管してください。

ダウンロード

 

ビーエー液剤製品写真100ml
ダウンロード
ビーエー液剤製品写真10ml
ダウンロード

このウインドウを閉じる

▲このページのトップへ戻る

Copyright(C) KUMIAI CHEMICAL INDUSTRY CO., LTD. All Rights Reserved.