豆つぶ剤の特長

そもそも水稲用除草剤は、なぜ効くのでしょう?
水中に形成された除草処理層の 有効成分が雑草と芽にWアタック!
3日~4日かけて土壌表面に吸着し、除草剤処理層を作ります。
除草剤処理層は、どうやってできるの?
1キロ粒剤の場合/フロアブル剤の場合/ジャンボ剤の場合
この時にいかに均一に、除草剤処理層を作れるかが、除草効果を大きく左右します。
そこで豆つぶ剤の出番です。

特長1 優れた自己拡散性が安定した除草剤処理層を作ります!

適当に撒いても、勝手に拡散していきます!!

豆つぶ剤の崩壊~拡散状態

特長2 とにかく軽量で疲れない!

特長3 多彩な散布方法であらゆる圃場に最適!

手まき散布

ゴム手袋をして、袋から薬剤を一握りすくい取り、10a(40mX25m)の水田では約4mごとに1回、30a(30mX100m)の水田では約3mごとに1回の割合で畦畔から投げ入れてください。

ひしゃく散布

ひしゃく状の器具で薬剤をすくい取り、畦畔から投げ入れます。釣り用の「コマセひしゃく」が最適です。ひとすくい25gの場合、10a当り10回の投入で散布完了です。

動力散布機散布

大型水田向きです。ワンショット散布の場合は、以下の方法で調節してください。

  1. 散布筒は一番根元のみを使用します。
  2. 背面部の調量レバーは「多」、「増」、または「肥料用」等、多く出るように設定してください。
  3. 調量レバーのストッパーを10(全開)の位置に合わせてください。
  4. 散布の際はエンジンを全開にし、調量レバーを一気に10(全開)まで上げ、戻してください。
  5. レバーの上げから戻しの時間は約1秒(一呼吸)です。
  6. 1回の吐出量は20~30gです。
  7. 到達距離は風上で20~25m、風下で約15mです。

※『ヤイバ豆つぶ250』の場合は、調量レバーのストッパーを「8」程度で散布して下さい。

無人ヘリコプター散布

10a当り250gと少量ですみますので、まさに無人ヘリコプター向きといえます。
1ヶ所あたり約2秒間の開放で250g散布できますので、10aあたり1ヶ所の散布で済みます。
従って1haあたりでは、10ヶ所の散布でOKです。

特長4 ドリフトの心配なし!

自立式新パッケージデビュー


ガンガン

クミスター

クミスターL

ザンテツ

テラガードL

トップガン

トップガンL

ナギナタ

パットフルエース

ベストパートナー

ボデーガード

マイウェイ

ヤイバ

ヤブサメ

ショキニー

アトトリ

ヒエクリーン

オリブライト

コラトップ

スタークル

ワイドバンチ

開発者が語る製品へのこだわり

注目!重要なポイント 優れた除草処理層をつくるために

クミアイ化学工業株式会社