クミアイ化学工業株式会社 研究所クミアイ化学工業株式会社 研究所

  • クミカ農薬が出来るまで
  • クミカの製剤技術
  • 研究員の一日
  • 地域社会への貢献活動
  • 研究所あれこれライブラリー
  • クミカ エコシリーズ
  • 植物形質転換抜粋マーカーセットPALSELECT
  • 軽い、簡単、まきやすい! 豆つぶシリーズ
  • 飛散防止を極めると、「微粒剤F」になる!
クミアイ化学工業株式会社|化学研究所・生物科学研究所

研究員の一日研究員の一日

物性研究室 / C.M

物性研究室 / C.M物性研究室 / C.M


クミカ(創薬研)のここが好き&嫌い

好きなところ
若手であっても自分の考えで研究を行うことができます。相談すると上司や先輩がアドバイスをくれるので新しいことにも積極的に挑戦できます。自分の試験した結果がすぐに開発に反映されるのでやりがいを感じます。空調が整った実験室で快適に実験ができます。
嫌いなところ
海(遠州灘)に近いので潮風で愛車が傷むんじゃないかと心配です。未知の化合物を扱うのでとても気を使います。夏でもハンドクリームが欠かせません。作業着がちょっと、、、(笑)

  • 8:30始業


    物性研全員のスケジュールを確認し、その日に行う自分の試験を確認します。同じ分析機器を使う場合もあるので、他の人のスケジュールもチェックしてその日の実験の流れを考えます。

  • 試験の準備の様子

    9:00試験の準備


    物性値の測定は何を測定するかによって作業は全く異なります。この日はまず、分析する土壌の秤量を行いました。

  • 分析サンプルの調製の様子

    10:00分析サンプルの調製


    土壌から目的化合物を抽出して分析サンプルを調製します。定量するための検量線も作らなければならないので午前中は段取りが重要です。

  • 12:00昼食(昼休み)


    以前はお弁当を注文していましたが、最近は自分で作るようになりました。
    昼食後は先輩とおしゃべりすることもあれば一人でのんびりすることもあります。

  • サンプルの分析の様子

    13:00サンプルの分析


    調製したサンプルを分析します。分析に使う機器はHPLCやLC/MSなど用途によって使い分けています。分析にかかる時間はサンプルによってそれぞれです。

  • デスクワークの様子

    15:00デスクワーク


    サンプルを分析している間に、報告書の作成や今後の計画を立てます。

  • 分析結果の確認の様子

    17:00分析結果の確認


    サンプルの分析結果を解析し、結果を報告書にまとめます。
    データに問題があれば要因を解析し、今後の実験に反映させます。

  • 19:00帰宅


    夕食をとった後はテレビをみたり音楽を聴いたりして過ごします。

 大学院修士課程(農学研究科)を修了後、2016年にケイ・アイ研究所*に入社し、物性研究室に配属されました。大学ではキノコに含まれる有効成分の探索をテーマに化合物の単離・構造決定を行っていました。大学での研究生活では様々な苦労も経験しましたが、同時にたくさんのやりがいを味わい、なにより自分は実験が好きだと改めて実感しました。物性研究室では、大学時代に培った分析技術を生かし、農薬開発候補化合物の物理化学性測定や、環境中での挙動解析を行っています。実際には水田や畑で使用される農薬の挙動を、実験室レベルで再現するのはなかなか難しく、実験は試行錯誤の連続です。農薬開発のために、少しでも有用なデータが出せるよう日々実験と考察を繰り返しています。

* ケイ・アイ研究所は、化学研究所(創薬研究センター)の前身です。

クミカに来るまでのバックグラウンド

 高校生の時に化学と生物学に興味を持ち、どちらも学べる農学部へ進学しました。大学では生物化学研究室でキノコに含まれる有効成分の探索をテーマに、キノコの抽出液から化合物の単離と構造決定を行っていました。大学で培った分析技術は物性研究室での業務に役立っています。

プライベートについて

・休日は録画しておいたビデオを見たり、読書をして過ごすことが多いです。
・運動不足解消のために最近ジムに通い始めました。
・好きなアーティストのライブに行ったり、カラオケに行って気分転換しています。

他の研究員も見る