クミアイ化学工業株式会社 研究所クミアイ化学工業株式会社 研究所

  • クミカ農薬が出来るまで
  • クミカの製剤技術
  • 研究員の一日
  • 地域社会への貢献活動
  • 研究所あれこれライブラリー
  • クミカ エコシリーズ
  • 植物形質転換抜粋マーカーセットPALSELECT
  • 軽い、簡単、まきやすい! 豆つぶシリーズ
  • 飛散防止を極めると、「微粒剤F」になる!
クミアイ化学工業株式会社|化学研究所・生物科学研究所

研究員の一日研究員の一日

病害防除研究室/S.N

病害防除研究室/S.N病害防除研究室/S.N


クミカ(生科研)のここが好き&嫌い

好きなところ
若手社員も主力の商品に関わることができるので、やりがいを感じます。社員・アシスタント問わず皆さん優しくて、個性的で面白いです。屋外作業が多いので、運動不足になりません。植物やカビにたくさん触れられます。
嫌いなところ
日に焼けます。体つきが逞しくなります(男性には良いですね)。真夏・真冬の外作業はそれなりにツラいです。

  • ミーティング

    8:30始業/ミーティング


    会議、出張、圃場作業等の予定を研究室の皆で確認し、アシスタントさんにその日の仕事を指示します。

  • 圃場作業の様子

    8:50温室作業(ポット試験)


    小さな鉢で育てた植物に殺菌剤を処理し、培養した病原菌を感染させます。
    数日前に感染させた植物については、病気の出かたを調査します。薬害(生育抑制)や植調作用(生育促進)を調査する場合もあります。

  • 12:00昼食(昼休み)


    普段は自分のデスクでご飯を食べています。できるだけお弁当を持参しますが、時々コンビニにお世話になります。ご飯を食べつつ、インターネットでニュースや新聞を読みます。農場作業で疲れている日は、少し昼寝をします。男性研究員のほとんどはサッカーをしに行ってしまうので、室内はとても静かです。

  • 圃場作業の様子

    13:00農場作業


    研究室総出でハイエースに乗り込み、試験農場に向かいます。薬剤散布をする日は、長袖・長ズボン・マスク・帽子・軍手・防護メガネを身につけ散布機を背負うため、夏場はまるでサウナです。泥だらけになって研究所へ帰ってきます。今日はビニールハウスにて、イチゴに発生する"うどんこ病"という病気の調査と殺菌剤の散布を行いました。

    圃場作業の様子
  • 試験の情報交換

    15:30休憩


    研究室の皆と水分補給しながら、試験の情報交換や圃場作業のスケジュール確認を行います。

  • 実験室作業の様子

    15:45実験室作業(in vitro試験)


    培地を使った簡易試験や、DNA解析、植物体中の農薬成分分析等、仕事は多岐にわたります。

  • デスクワーク

    17:30デスクワーク


    自分のデスクに戻り、試験結果を分析したり、報告書を書いたりします。必要に応じて主任や室長と打合せもします。終了時間は日によって様々です。

  • ペットのセキセイインコと一緒に

    19:00帰宅


    スーパーで買い物をして帰ります。時間のある日は、近所のカラオケにヴィオラを弾きに行きます。帰宅後はペットのセキセイインコと少し遊び、ゆったり半身浴をして仕事の疲れを癒します。

 大学院修士課程(農学研究科)を卒業し、2013年にクミアイ化学に入社しました。大学では植物病理学を専攻し、イネの重要病害である"いもち病"の病原菌である"いもち病菌"がイネに感染する際に発現する遺伝子の転写制御メカニズムを解析していました。入学当初はアンチ農薬の信念で生きていましたが、大学で農薬の重要性や安全性を学び、自分が農薬について大きな誤解をしていたことに気づきました。これと同時に農薬という分野に強い魅力を感じ、農薬の研究に携わってみたいと思いました。勤務地は静岡県菊川市の生物科学研究所(農薬研究センター)、病害防除研究室です。弊社の殺菌剤を技術的にフォローする特性試験や、既存製品の新しい使い方の提案、新たな簡易試験系の確立などの業務に携わっています。

クミカに来るまでのバックグラウンド

・自然豊かな田舎町で生まれ育ちました。
・高校生の時に生物学の面白さに目覚め、暇さえあれば生物実験室で先生に質問をぶつけていました。
・カビの観察が好きなので、大学では植物病理学を専攻しました。
・大学院修士課程を卒業後、クミアイ化学に入社しました。

プライベートについて

・読書(小説)が好きです。
・アマチュアオーケストラに所属しており、月に1~2回東京でヴィオラを弾いています。
 農薬業界にオーケストラを作る野望を密かに抱いています。
・菊川茶娘として、時々地域のイベントでお茶のPR活動をしています。
 菊川市にお越しの際は、ぜひ深蒸し菊川茶を飲んでみてください。

  • アマチュアオーケストラでヴィオラを弾いています
  • 菊川茶娘としてお茶のPR活動をしています
他の研究員も見る