クミアイ化学工業株式会社 研究所クミアイ化学工業株式会社 研究所

  • クミカ農薬が出来るまで
  • クミカの製剤技術
  • 研究員の一日
  • 地域社会への貢献活動
  • 研究所あれこれライブラリー
  • クミカ エコシリーズ
  • 植物形質転換抜粋マーカーセットPALSELECT
  • 軽い、簡単、まきやすい! 豆つぶシリーズ
  • 飛散防止を極めると、「微粒剤F」になる!
クミアイ化学工業株式会社|化学研究所・生物科学研究所

クミカ農薬が出来るまでクミカ農薬が出来るまで

4.安全性評価4.安全性評価

 農薬は人と環境への安全性を確保するため、30項目以上の安全性評価試験を実施しなければなりません。アクシーブ®も例外ではなく、数多くの毒性、代謝、残留試験を実施しています。これらの試験をクリアし、安全であることを証明された農薬のみが上市されています。しかし、生体にとって異物である農薬は、人に全く害を及ぼさないというわけではないため、摂取量によっては害を及ぼすことが考えられます。この点、アクシーブ®はたくさん摂取しても人体や環境に影響を及ぼしにくい、低毒性な農薬といって良いでしょう。以下に農薬の代表的な安全性評価試験の種類と、その中におけるアクシーブ®の安全性評価試験結果の一部を抜粋しました。

  • 農薬の安全性評価