クミアイ化学工業株式会社 研究所クミアイ化学工業株式会社 研究所

  • クミカ農薬が出来るまで
  • クミカの製剤技術
  • 研究員の一日
  • 地域社会への貢献活動
  • 研究所あれこれライブラリー
  • クミカ エコシリーズ
  • 植物形質転換抜粋マーカーセットPALSELECT
  • 軽い、簡単、まきやすい! 豆つぶシリーズ
  • 飛散防止を極めると、「微粒剤F」になる!
クミアイ化学工業株式会社|化学研究所・生物科学研究所

クミカ農薬が出来るまでクミカ農薬が出来るまで

アクシーブ®を例にアクシーブ(R)を例に

 私たちは、高性能で安全な農薬を見出すため、日々、農薬候補化合物の「生理活性」や「人や環境への安全性」を様々な面から評価しています。また、農薬として働くメカニズムを明らかにすることで、性能評価やリスク判断に役立てる取り組みを行っています。
 ここでは、一般にはあまり知られていない農薬の開発過程について、クミアイ化学グループが開発した除草剤アクシーブ®を例に、生物科学研究所が取り組んだ内容を紹介します。

1.アクシーブ®とは1.アクシーブ(R)とは

 アクシーブ®(農薬一般名ピロキサスルホン)は、イソキサゾリン系の土壌処理兼茎葉処理型除草剤です。
トウモロコシ、ダイズ、コムギ、ワタといった世界の主要作物に使用でき、イネ科雑草から小型広葉雑草まで幅広い雑草に効果を示します。また、近年、世界的に除草剤抵抗性雑草が出現・拡散し、大きな問題となっていますが、アクシーブ®はこれらの雑草種に高い効果を示します。
 このような優れた特長から世界各地で開発が進められ、2011年にオーストラリアで初めて農薬として認可され、続いて、アメリカ、カナダ、南アフリカなどでも認可を受け、販売が行われるようになりました。現在もアクシーブ®は多くの国で開発が進められており、世界市場で成長を続けています。

  • オーストラリア、アメリカで販売されているアクシーブ(R)製品
    オーストラリア、アメリカで販売されているアクシーブ®製品
  • アクシーブ(R)のロゴマーク
    アクシーブ®のロゴマーク