クミアイ化学工業株式会社

製品情報

【園芸殺菌剤】
ストロビーフロアブル(クレソキシムメチル水和剤)

登録番号 第21987号 [BASFジャパン㈱ 登録]
成分 クレソキシムメチル 44.2%
性状 類白色水和性粘稠懸濁液体
毒性 普通物(毒劇物に該当しないものを指していう通称)
販売地域 北海道限定
有効年限 4年
包装 500ml×20本、1L×12本

製品安全データシート(SDS)

製品安全データシート(SDS)閲覧の際のご注意
SDSに掲載している内容のうち、公益財団法人日本中毒情報センターへの一般市民向け受信相談のお問い合わせ方法が変更となりました。 詳しくは「一般市民向け受信相談の無料化について」をご参照ください。


特長

  • 有効成分クレソキシムメチルにより、従来の殺菌剤とは異なる作用機作を備えています。
  • 各種作物のうどんこ病菌に優れた効果を示しますが、ねぎのさび病菌など他の重要な病害にも幅広い活性が認められています。
  • 予防効果が特に優れていますが、胞子形成阻害効果も示し、二次感染を防ぎます。
  • ベーパーアクションの作用により、植物体に均一に拡散して葉表面のワックス層に吸着されるため、安定した効果を維持することができます。

適用病害と使用方法

2018年1月17日現在
作物名適用病害名希釈倍数使用液量使用時期本剤の使用回数使用方法クレソキシムメチルを含む農薬の総使用回数 
麦類(小麦を除く)
小麦
赤かび病
赤さび病
うどんこ病
2000~3000倍60~150L/10a収穫14日前まで3回以内散布3回以内 
小麦赤かび病500倍25L/10a 
はくさい黒斑病
白斑病
べと病
3000倍100~300L/10a収穫3日前まで 
たかな白斑病収穫7日前まで2回以内2回以内 
のざわなべと病収穫14日前まで3回以内3回以内 
たいさい白斑病収穫7日前まで2回以内2回以内 
タアサイ白さび病収穫前日まで3回以内3回以内 
なばな3000~4000倍2回以内2回以内 
おおさきな黒斑病3000倍 
かぼちゃうどんこ病
べと病
3回以内3回以内 
きゅうりうどんこ病
褐斑病
炭疽病
べと病
 
すいかうどんこ病
炭疽病
つる枯病
2000~3000倍 
にがうりうどんこ病
べと病
3000倍収穫7日前まで 
メロンうどんこ病
つる枯病
べと病
2000~3000倍収穫前日まで 
ズッキーニうどんこ病3000倍 
うり類(漬物用)うどんこ病
炭疽病
つる枯病
べと病
収穫3日前まで 
ピーマンうどんこ病
黒枯病
収穫前日まで 
なすうどんこ病
すすかび病
 
とうがらし類(ししとうを除く)うどんこ病4000倍2回以内2回以内 
ししとううどんこ病
黒枯病
 
さやえんどう
実えんどう
さび病3000倍 
アスパラガス斑点病2000倍100~500L/10a3回以内3回以内 
いちごうどんこ病3000~5000倍100~300L/10a 
しゅんぎく炭疽病3000倍収穫14日前まで 
食用ぎく褐斑病
黒斑病
白さび病
収穫3日前まで2回以内2回以内 
食用ゆり葉枯病2000倍収穫7日前まで3回以内3回以内 
たまねぎ灰色かび病2000~3000倍収穫14日前まで 
灰色腐敗病2000倍 
にらさび病
白斑葉枯病
3000倍収穫前日まで 
にんじん黒葉枯病2000~3000倍収穫7日前まで 
斑点病3000倍 
にんにくさび病2000倍 
らっきょう乾腐病200倍-植付前1回30分間種球浸漬1回 
たらのきそうか病2000倍100~300L/10a収穫75日前まで2回以内散布2回以内 
ねぎ黄斑病
黒斑病
さび病
収穫7日前まで3回以内3回以内 
わけぎ灰色かび病3000倍収穫21日前まで2回以内2回以内 
きく(葉)褐斑病
黒斑病
白さび病
収穫7日前まで 
すいぜんじな黒斑病収穫14日前まで 
食用金魚草さび病収穫7日前まで 
やまのいも(むかご)葉渋病2000倍3回以内3回以内 
葉にんにくさび病収穫14日前まで 
食用トレニアうどんこ病4000倍収穫3日前まで2回以内2回以内 
きゅうり(花)うどんこ病
褐斑病
べと病
3000倍 
食用パンジーうどんこ病4000倍収穫7日前まで 
にら(花茎)さび病
白斑葉枯病
3000倍収穫前日まで3回以内3回以内 
食用西洋たんぽぽうどんこ病収穫7日前まで2回以内2回以内 
食用かえで(葉)収穫45日前まで 
しそ科葉菜類(しそを除く)
しそ
灰色かび病収穫7日前まで 
しそ斑点病4000倍 
セルリー3000倍収穫前日まで3回以内3回以内 
チャービルうどんこ病収穫3日前まで2回以内2回以内 
パセリ収穫14日前まで1回1回 
ディル(葉)収穫3日前まで2回以内2回以内 
サラダ菜褐斑病3回以内3回以内 
アスターさび病2000~3000倍発病初期 
きく褐斑病
黒斑病
白さび病
 
りんどう褐斑病
黒斑病
2000倍100~700L/10a 
やまのいも葉渋病2000~3000倍100~300L/10a収穫7日前まで 
網もち病
もち病
2000倍200~400L/10a摘採10日前まで 
新梢枯死症
炭疽病
輪斑病
2000~3000倍 
てんさい褐斑病100~300L/10a収穫21日前まで 
葉腐病2000倍 

ダウンロード

PDF版適用表
ダウンロード

注意事項

  • 使用にあたっては容器をよく振ってください。
  • 散布液調製の際は、水をかきまぜながら所定量を徐々に加えてください。
  • 薬剤耐性菌の出現を防ぐため、過度の連用はさけ、なるべく作用性の異なる薬剤との輪番で使用してください。
  • 小麦に対して希釈倍数500倍で散布する場合は、少量散布に適合したノズルを装着した乗用型の速度連動式地上液剤散布装置を使用してください。
  • いちごの施設栽培で施設内が高温多湿な場合は、薬害を防ぐため散布後十分な換気をおこなってください。また、特に散布後高温が予想される場合は使用しないでください。
  • 浸透性を高める効果のある展着剤を混用すると薬害を生じる場合があるので、展着剤混用にあたっては事前にその適否を確認してください。
  • メロンに使用する場合、交配~幼果期までの散布では薬害を生じることがあるので、この時期の散布はさけてください。
  • きくに使用する場合には、高温多湿条件下では薬害を生じる場合があるので使用しないでください。
  • きくに使用する場合には、他剤との混用で薬害が生じる場合があるので注意してください。
  • はくさいに使用する場合には、結球後期(あたまとじ)までの散布で薬害が生じる場合があるので、使用をさけてください。
  • はくさいに使用する場合には、高温多湿条件下では薬害を生じる場合があるので、使用をさけてください。
  • 食用金魚草に使用する場合、開花後の花に薬害を生じるおそれがあるので、開花前までに散布してください。また、花に薬害を生じるため、観賞用である(非食用)金魚草には使用しないでください。
  • のざわなに使用する場合には、幼苗期の散布は多湿条件下では薬害が生じるおそれがあるので注意してください。
  • しゅんぎくに使用する場合には、幼苗期の散布は多湿条件下では薬害が生じるおそれがあるので注意してください。
  • アスパラガスに使用する場合には、高温多湿条件下では薬害を生じる場合があるので使用をさけてください。展着剤の加用はさけてください。
  • 使用にあたっては、使用量、使用時期、使用方法などを誤らないように注意し、特に初めて使用する場合は、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることをお勧めします。
  • 適用作物群に属する作物、または、その新品種に初めて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用してください。なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることをお勧めします。

安全使用上の注意

  • 眼に対して弱い刺激性があるので眼に入らないよう注意してください。眼に入った場合には直ちに水洗してください。
  • 使用の際は不浸透性手袋などを着用してください。
  • 魚毒性等…使用残りの薬液が生じないように調製をおこない、使いきってください。散布器具および容器の洗浄水は、河川などに流さないでください。また空容器、空袋などは水産動植物に影響を与えないよう適切に処理してください。
  • 保管…密栓し、直射日光をさけ、食品と区別して、冷涼な場所に保管してください。


このウインドウを閉じる

▲このページのトップへ戻る

Copyright(C) KUMIAI CHEMICAL INDUSTRY CO., LTD. All Rights Reserved.