クミアイ化学工業株式会社

製品情報

【微生物農薬/軟腐病防除剤】
エコメイト(非病原性エルビニア カロトボーラ水和剤)

登録番号 第21718号 [クミアイ化学工業㈱ 登録]
成分 非病原性エルビニア カロトボーラ CGE234M403 5×10<sup>10</sup>cfu/g
性状 類白色水和性微粒
毒性 普通物(毒劇物に該当しないものを指していう通称)
販売地域 北海道限定(メーカーの販売は終了いたしました)
有効年限 4年(5℃保存)、6ヶ月(25℃保存)(製品の最終有効年月は2019年10月)
包装 1kg×10袋

製品安全データシート(SDS)

製品安全データシート(SDS)閲覧の際のご注意
SDSに掲載している内容のうち、公益財団法人日本中毒情報センターへの一般市民向け受信相談のお問い合わせ方法が変更となりました。 詳しくは「一般市民向け受信相談の無料化について」をご参照ください。


特長

  • 難防除病害である軟腐病に対する微生物防除剤です。
  • 従来の化学合成殺菌剤とはまったく異なる防除メカニズム(葉面上での競合、バクテリオシン)で軟腐病を防除します。
  • 作物に対する安全性が高く、収穫直前まで使用できます。
  • 環境に対する負荷の少ない環境保全型の防除剤です。
  • 降雨による影響が少なく、散布後の適度な降雨は有効成分の定着を促進させます。
  • 生菌の微生物農薬ですので、特別栽培農産物において使用成分回数にカウントされません(実際の使用、生産物表示にあたっては、地方公共団体などの認証機関にお問い合わせください)。

適用病害と使用方法

2016年6月22日現在
作物名適用病害名希釈倍数使用液量使用時期本剤の使用回数使用方法非病原性エルビニア カロトボーラを含む農薬の総使用回数 
野菜類(かぼちゃ、ズッキーニを除く)軟腐病500~2000倍150~300L/10a発病前~発病初期-散布- 
かぼちゃ
ズッキーニ
軟腐細菌病 
かんきつかいよう病1000倍200~700L/10a 
シクラメン軟腐病150~300L/10a 
ばれいしょ1000~2000倍 
16倍3.2L/10a無人ヘリコプターによる散布 

ダウンロード

PDF版適用表
ダウンロード

上手な使い方

  • 各作物とも発病前からの予防的散布が効果的です。
  • 特に降雨・強風が予想される場合その直前・直後の散布で高い効果が発揮されます。
  • 他の軟腐病防除剤との交互散布で効果が安定します。その場合は散布間隔を3日以上あけてください。

エコメイトの軟腐病防除のしくみ

  • 葉面上での競合
    微生物は、植物が葉面上でわずかに分泌する栄養分を食べて増えていきます。病原性のない軟腐病菌であるエコメイトは、軟腐病菌と同じように葉面上の栄養分を食べて増えていきます。エコメイトを病気が発生する前に散布すると、病原菌よりも先に葉面上の栄養分を食べてしまうので、病原菌は栄養分を得ることができなくなり、増えることができません。つまり、エコメイトは、病原菌を葉面上で増やさないので、軟腐病を防除できるのです。
  • 抗菌作用
    エコメイトは、病原性軟腐病菌の増殖を抑制するバクテリオシンと呼ばれる物質を生産し、軟腐病を防除します。

注意事項

  • 希釈する場合は、所定量の水に少量ずつ入れて散布液を調製してください。
  • 有効成分は生菌であるので、開封後は全て使いきってください。
  • 無人ヘリコプターで散布する際の注意事項
    • 散布は散布機種の散布基準に従って実施してください。
    • 散布機種に適合した散布装置を使用してください。
    • 散布中、薬液が漏れないように機体の配管その他装置の十分な点検をおこなってください。
  • 使用時期が遅れると効果が劣るので軟腐病発病前に使用してください。また、はくさい、キャベツに使用する場合7~8葉期から散布を開始し、結球初期を中心に7~10日間隔で5回程度連続散布すると効果的です。
  • 他剤と混用すると十分な効果が発揮されない場合があるので注意してください。特に銅剤、ストレプトマイシン剤、オキソリニック酸剤などの細菌病に有効な薬剤および乳剤などの有機溶媒を含む薬剤とは混用しないでください。
  • 散布後、長期に日照りが続く場合は効果が劣る場合があるので、再度散布することをお勧めします。
  • 使用にあたっては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意してください。
  • 適用作物群に属する作物またはその新品種に初めて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害について十分確認してから使用してください。なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることをお勧めします。

安全使用上の注意

  • 眼に対し刺激性があるので、眼に入らないよう注意してください。眼に入った場合、直ちに水洗し、眼科医の手当てを受けてください。
  • 散布の際は、農薬用マスク、手袋、長ズボン、長袖の作業衣などを着用してください。作業後は、直ちに手足、顔などを石けんでよく洗い、うがいをするとともに衣服を交換してください。
  • 作業時に着用していた衣服などは、他のものとは分けて洗濯してください。
  • かぶれやすい体質の人は、取扱いに注意してください。
  • 保管…密封し、直射日光をさけ、食品と区別して、冷涼・乾燥した場所に保管してください。


このウインドウを閉じる

▲このページのトップへ戻る

Copyright(C) KUMIAI CHEMICAL INDUSTRY CO., LTD. All Rights Reserved.