クミアイ化学工業株式会社

製品情報

【微生物農薬/水稲種子伝染性病害防除剤】
エコホープ(トリコデルマ アトロビリデ水和剤)

登録番号 第21009号 [クミアイ化学工業㈱ 登録]
成分 トリコデルマ アトロビリデSKT-1 1×10E8 cfu/ml
性状 暗褐色水和性懸濁液体
毒性 普通物(毒劇物に該当しないものを指していう通称)
有効年限 8ヶ月
包装 1L×5袋

製品安全データシート(SDS)

製品安全データシート(SDS)閲覧の際のご注意
SDSに掲載している内容のうち、公益財団法人日本中毒情報センターへの一般市民向け受信相談のお問い合わせ方法が変更となりました。 詳しくは「一般市民向け受信相談の無料化について」をご参照ください。


特長

  • 静岡県農業試験場と共同で開発した微生物農薬です。
  • 有効成分は非病原性糸状菌Trichoderma atroviride SKT-1)の胞子です。
  • この糸状菌は平成7年に静岡県静岡市の安倍川河川敷より採取したノシバより分離されました。トリコデルマ菌は土壌中に広く見出される糸状菌で、一般的に土壌中の有機物を栄養源として腐生的に生活している微生物として知られています。
  • 微生物を有効成分としたイネ種子伝染性病害防除剤です。
  • 従来の種子消毒剤と異なる作用で、ばか苗病、もみ枯細菌病、苗立枯細菌病に高い防除効果を示し、これらの病害の同時防除が可能です。
  • 安全性が高く、環境負荷が少ない環境保全型農業に適した資材です。
  • 生菌の微生物農薬ですので、特別栽培農産物において使用成分回数にカウントされません。実際の使用、生産物表示にあたっては、地方公共団体などの認証機関にお問い合わせください。
  • 薬害の心配がなく、浸種前~催芽時までの任意の時期に使用することができます。
  • エコホープは、有効微生物の胞子を水に懸濁させた液体製剤で粉立ちがなく使い易い製剤です。

適用病害と使用方法

2011年7月6日現在
作物名適用病害名希釈倍数使用時期本剤の使用回数使用方法トリコデルマ アトロビリデを含む農薬の総使用回数 
いもち病
ごま葉枯病
苗立枯細菌病
苗立枯病(リゾープス菌)
ばか苗病
もみ枯細菌病
200倍催芽時-24時間種子浸漬- 
浸種前~催芽前24~48時間種子浸漬 
稲(箱育苗)ばか苗病50倍は種時覆土前育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当り100mlを散布 
もみ枯細菌病200倍育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当り500mlを散布 

ダウンロード

PDF版適用表
ダウンロード

種子浸漬処理での混用事例

混用事例有り
殺虫剤 スミチオン乳剤、パダンSG水溶剤
殺菌剤 スターナ水和剤、カスミン液剤
混用不可
殺菌剤 テクリード水和剤、テクリードCフロアブル、ベンレート水和剤、ベンレートT水和剤、ヘルシードT水和剤・フロアブル、モミガードC水和剤、スポルタック乳剤、トリフミン乳剤、スポルタックスターナSE、ヘルシードスターナ水和剤・フロアブル、トリフミンスターナSE

育苗時使用薬剤との体系処理事例

【播種直前】

体系処理可能(床土混和又は培土混和)
殺虫剤 パダン粒剤、プリンス粒剤
殺菌剤 ダコニール粉剤、タチガレン粉剤、タチガレエース粉剤、カスミン粒剤、フジワン粒剤

【播種時】

体系処理可能
殺虫剤 プリンス粒剤
殺菌剤 ダコニール1000、タチガレン液剤、タチガレエース液剤、タチガレエース+ダコニール1000、カスミン液剤、カスミン粒剤、ウィン箱粒剤
混合剤 アプライプリンス粒剤、デラウスプリンス粒剤
体系処理不可
殺菌剤 ベンレート水和剤、ダコレート水和剤、嵐箱粒剤
混合剤 嵐プリンス箱粒剤

【緑化期~移植当日】

体系処理可能
殺虫剤 プリンス粒剤
殺菌剤 ウィン箱粒剤、タチガレエース液剤、ベンレート水和剤、ダコニール1000、ダコレート水和剤、嵐箱粒剤、フジワン粒剤、Dr.オリゼ箱粒剤
混合剤 嵐プリンス箱粒剤、プリンスリンバー箱粒剤

上手な使い方

【浸漬処理】


なぜ効くのか?

【作用機作】

  • 従来の化学合成農薬のように直接病原菌に殺菌力を示すものではなく、催芽から出芽作業の過程で本菌株(エコホープ:Trichoderma atroviride SKT-1)がイネ種子表面で大量に増殖し、病原菌(ばか苗病菌やもみ枯細菌病菌など)と競合することにより病原菌の生育、増殖を抑制し、発病を制御します。
  • さらに、ばか苗病菌などの病原糸状菌に対しては、病原菌の菌糸や胞子を溶かす作用(溶菌作用)も確認されています。
  • 故に、本剤が防除効果を発現するためには、本菌の生存が不可欠です。

Trichoderma atroviride SKT-1の形態及び生物学的性質】

形態
フィアライド(分生胞子形成細胞)が分生子柄の先端に2~4個(平均3個)対称型に分岐する。胞子の形態は球形~亜球形で、大きさは3~4µm
生物学的性質
最適生育温度:25~30℃(生育温度15~34℃)
最適生育pH:pH5~6(生育pH2~9)

【安全性、環境への影響】

人畜に対する安全性:普通物
経口投与(ラット/オス・メス) 病原性、生残性、感染性なし
経皮投与(ウサギ/オス・メス) 病原性、生残性、感染性なし
経気道投与(ラット/オス・メス) 病原性、生残性、感染性なし
静脈内投与(ラット/オス・メス) 病原性、生残性、感染性なし
眼一次刺激性(ウサギ/オス) 刺激性なし
皮膚刺激性(ウサギ/オス・メス) 刺激性なし
皮膚感作性(モルモット/オス) 陽性
魚毒性:A類相当
コイ TLm30日>1×106cfu/ml 中毒症状、死亡なし
オオミジンコ TLm21日>1×106cfu/ml 繁殖性に影響なし
藻類 セレナストラム>1×106cfu/ml 影響なし
有用動物、昆虫に対する影響
鳥類:ウズラ 病原性、生残性、感染性なし
チリカブリダニ成虫 影響なし
ヤマトクサカゲロウ幼虫 影響なし
タイリクヒメハナカメムシ 影響なし
ミツバチ(虫体噴霧) 影響なし
蚕(4令幼虫・飼料混入) 影響なし
植物(作物)に対する影響
下記のものに対し、茎葉散布、土壌灌注処理で病原性、感染性なし
稲、とうもろこし、小麦、大豆、いんげん、たまねぎ、ねぎ、にんじん、はくさい、キャベツ、だいこん、かぶ、ブロッコリー、カリフラワー、レタス、サラダナ、こまつな、タアサイ、チンゲンサイ、きゅうり、トマト、なす、ピーマン、メロン、すいか、かぼちゃ、ほうれんそう、おくら、しそ、しゅんぎく、パセリ、モロヘイヤ、てんさい、ひまわり、サルビア
土壌微生物
細菌、放線菌、真菌に対し影響なし
環境中での動態
本菌は、土壌中では速やかに自然界に存在する菌量まで減衰し、また、水中では速やかに死滅します。(下図)
【環境中での動態】(クミアイ化学:室温条件)

試験成績

ばか苗病に対する効果

長野県農事試験場(2000年)/●品種:コシヒカリ ●発生状況:多発生
供試薬剤 処理方法 発病苗率(%) 防除価(%) 薬害
エコホープ 浸種前 200倍 24時間浸漬 0.2 99.5 -
催芽前 200倍 24時間浸漬 0.2 99.5 -
対照A水和剤 浸種前 200倍 24時間浸漬 0.4 99.0 -
無処理 --- 40.1 - -

もみ枯細菌病に対する効果

岩手県農業研究センター(2000年)/●品種:ササニシキ ●発生状況:中発生
供試薬剤 処理方法 発病度 防除価(%) 薬害
エコホープ 浸種前 200倍 24時間浸漬 3.0 82.5 -
催芽前 200倍 24時間浸漬 2.1 87.7 -
対照B水和剤 浸種前 200倍 24時間浸漬 5.3 69.0 -
無処理 --- 17.1 - -

苗立枯細菌病に対する効果

長野県農事試験場(2000年)/●品種:コシヒカリ ●発生状況:中発生
供試薬剤 処理方法 発病度 防除価(%) 薬害
エコホープ 浸種前 200倍 24時間浸漬 4.1 73.2 -
催芽前 200倍 24時間浸漬 1.7 88.9 -
対照C水和剤 浸種前 200倍 24時間浸漬 3.3 78.4 -
無処理 --- 15.3 - -

いもち病に対する効果

鹿児島県農事試験場(2000年)/●品種:ナツミノリ ●発生状況:中発生
供試薬剤 処理方法 発病度 防除価(%) 薬害
エコホープ 浸種前 200倍 24時間浸漬 0.6 96.6 -
催芽前 200倍 24時間浸漬 0.3 98.4 -
催芽時 200倍 24時間浸漬 1.9 89.7 -
対照D水和剤 浸種前 200倍 24時間浸漬 2.6 85.7 -
無処理 --- 18.3 - -

苗立枯病(リゾープス菌)に対する効果

大阪府大学(2001年)/●品種:ヒノヒカリ ●発生状況:中発生(接種)
供試薬剤 処理方法 発病度 防除価(%) 薬害
エコホープ 浸種前 200倍 24時間浸漬 1.2 96.3 -
催芽前 200倍 24時間浸漬 0.8 97.5 -
対照E水和剤 400倍播種後500ml/箱潅注 0.8 97.5 -
無処理 --- 32.4 - -

注意事項

  • 使用前に容器をよく振って均一な状態にしてから、所定薬液を調製してください。
  • 有効成分は生菌であるため、入手後できるだけ早く使用してください。また、開封後は全て使いきってください。
  • 種籾と処理薬液の容量比は1:1以上とし、種籾は目の粗い網袋などを用い薬液内で種子袋をよくゆすってください。
  • 処理後は風乾せず直ちに浸種あるいは催芽をおこなってください。
  • 育苗箱に散布処理する場合は、育苗箱全体に均一に散布してください。
  • ベノミル含有剤、チオファネートメチル含有剤及びEBI剤との混用またはは種時処理との体系使用は効果が低下するのでさけてください。
  • きのこ等の菌類の作物に対して影響を及ぼすおそれがあるので、きのこ等に絶対にかからないようにしてください。使用前にきのこ等への安全対策について、関係指導機関と十分に協議し、きのこ等への安全対策に留意して使用してください。
  • 使用にあたっては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合には、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることをお勧めします。

安全使用上の注意

  • 使用の際は農薬用マスク、不浸透性手袋、不浸透性防除衣などを着用するとともに保護クリームを使用してください。作業後は直ちに身体を洗い流し、うがいをするとともに衣服を交換してください。
  • 作業時に着用していた衣服などは他のものとは分けて洗濯してください。
  • かぶれやすい体質の人は作業に従事しないようにし、施用した種子などとの接触をさけてください。
  • 夏期高温時の使用はさけてください。
  • 保管…密封し、直射日光をさけ、食品と区別して、10℃以下の冷暗所に保管してください。 但し、凍結はさせないでください。

ダウンロード

チラシ・技術資料関連

エコホープチラシ 2753(05-12)
ダウンロード

このウインドウを閉じる

▲このページのトップへ戻る

Copyright(C) KUMIAI CHEMICAL INDUSTRY CO., LTD. All Rights Reserved.