クミカWebレポート vol.13

JAさが 松永純専務のヤイバ豆つぶ散布のススメ!

JAさが 松永純専務
佐賀県
JAさが

松永専務は昨年から「ヤイバ豆つぶ250」をご使用いただいております。
本年もご使用いただけると言うことで、散布に立会わせていただき、お話を伺いました。

圃場条件
田植日 6月22日
散布日 6月29日
場所 佐賀県神埼市千代田町嘉納
(JAさが神崎地区南部営農センター管内)
圃場面積 約49a(70m×70m)
品種 天使の詩
散布時間 約5分
田を一周、畦からひしゃくで散布(田んぼの中には入らず)

まずは散布の準備中。
JAさが堤次長と一緒に「ヤイバ豆つぶ250」をバケツに空けています。


畦畔からひしゃくを使って散布中

拡散中の様子(さざ波が消えてくる)

組合員の皆さんに、ヤイバ豆つぶ250の紹介を積極的にされていましたが?

松永専務
昨年使用して非常に効果がよかったし、ひしゃく散布がとっても楽で良かったので皆に勧めた。
今年は自分の約200aの作付け分全てをヤイバ豆つぶにした。
散布が簡単なので、基本は朝出勤前に散布した。出来ないときには夕方でも散布できた。

散布のコツは?

松永専務
基本的にはひしゃくを使って田の中に入らない楽々散布だが、心配な方には中に一度入るように伝えてある。
田には少し多めに水を入れて、泥が水面から出ないように管理している。
除草効果を安定させるため、畦をキッチリ作り、水管理はしっかり行っている。
小さな面積の圃場は片方の畦から散布で十分だ。

昨年はスタークル豆つぶも散布されましたが?

松永専務
暑い夏場こそ豆つぶ剤の楽々散布が良かった。また効果については、昨年はセジロウンカが大発生して、周りには被害が出た圃場も多かったが、スタークル豆つぶを散布した圃場では被害がでなかった。

最後に伝えたいことは?

松永専務
豆つぶ製剤は、散布も楽で、すばらしい剤である。もっとたくさん売れるようになれば、安くなるだろう(笑)。
普及のためにも、我々は中畦を作ってしっかり管理するなど、除草剤を上手に使うようにしなければならないと思う。

松永専務、堤次長を囲んで(両脇はクミカ社員です)

その後・・・3週間後に圃場調査を行いました。
ちょうど奥様が圃場に来られていたのでお話を伺いました。

今年の圃場はいかがですか?

松永専務
去年はコナギが生えていたけど、今年は見た限りでは雑草もなくきれいだね。

奥様にもご満足いただけました。


奥様も効果を確認中

実際の田面の様子

Webレポートトップへ戻る